冬の北海道旅行の雪対策はどうするの?

事前に準備すると良い物

本州の冬と北海道の冬は雪の量が違います。冬の北海道はドカ雪も予測されるため万全の準備をして出掛ける必要があります。気温が氷点下にもなる北海道では寒さから体を守るための防寒着が必須であり、出掛ける際は事前リストを作っておくと安心です。まず外せないのはアウターです。体を保温する服と風が入りにくい服の2種類を用意すると良いでしょう。出掛ける場所によって使い分けることもできますが、2枚を重ね着すると最強の防寒着として使えます。そして手袋も欠かせないアイテムの一つです。手袋は寒さから身を守るだけでなく、怪我などのトラブルからも守ることができます。旅行先での過ごし方をシミュレーションして慎重に選びましょう。

現地で調達すると良い物

雪の多い北海道では対策グッズが非常に充実しています。北海道でしか手に入らない貴重なアイテムもあるため、物によっては現地調達する方が賢い場合もあります。そのアイテムとはタイツと靴です。冬用タイツといえば厚手の靴下というイメージがありますが、北海道で販売されているタイツは厚みが違います。これも厳しい冬を乗り切るためのグッズなので、持ってくるのを忘れた時や手持ちのタイツが寒いと感じた時は買い揃えると良いでしょう。そして靴は転倒を防ぐために滑り止めが施されています。硬い氷の上を歩いても地面が滑りにくいため、しっかりと歩を進めることができます。スニーカーから長靴まで豊富な種類が揃っているため行く場所に合わせて選ぶと良いでしょう。

全国には旅行客には人気ながら地元客には人気がないご当地グルメがあります。しかし、小樽の寿司は地元の人達をもまったく飽きることなく魅了し続けているため小樽旅行に行ったら寿司を食べる事をおすすめします

© Copyright Hokkaido Popular Tour. All Rights Reserved.