冬の北海道旅行でしか味わえない食べ物って何?

冬の北海道でしか食べられない特別なシシャモとは?

北海道の豊富な海産物や野菜など多くの海の幸、山の幸が旬を迎えるのが秋から冬にかけての季節。冬の北海道旅行は、そんな旬の食材を味わうには絶好のシーズンだといえるでしょう。今回はそんな冬場でしか味わえないグルメの中でも、北海道ならではのものをいくつかご紹介してみます。
まず北海道の冬のグルメといえば、何といっても豊かな北の漁場から獲れる新鮮な海産物ですよね。豊富な海産物の中でも特に冬の北海道ならではのものと言えるのが、むかわ町付近でしか獲ることができないといわれるシシャモです。むかわのシシャモは普通のシシャモとは違い、なんとお刺身でも食べることのできるシシャモ!むかわのシシャモのお刺身やお寿司を食べられるのはほんの1ヶ月間ほどなので、冬場に道南へ旅行する際にはぜひチェックしてくださいね。

ジビエに海産物、冬の北海道旅行にはグルメがいっぱい!

もうひとつ、冬場の北海道のグルメでおすすめしたいのは「たち料理」。「たち」とはスケソウダラやマダラなどの魚の白子のことをいい、天ぷらにした「たち天」や湯引きしてポン酢でいただく「たちポン」などの食べ方が人気の食材です。鍋料理の具材としてもよく使われるため、北海道の居酒屋さんや鍋料理の店などを訪れたときにはぜひ味わってみてください。
もちろん冬の北海道のグルメは海産物だけではありません。最近、北海道の冬場を代表する料理として注目を集めているのものに「エゾシカ」料理があります。エゾシカ料理が食べられるのは狩猟が解禁されている冬場の期間だけのため、まさに北海道ならではの冬の味覚といえるでしょう。最近までは一般に出回ることが少なくあまり食べる機会はありませんでしたが、現在では多くのお店でジビエ料理として提供されるようになってきていますので探してみてはいかがでしょう。

知床は国内でも人気の観光地です。自然のスケールが違う知床。平成17年に世界遺産として登録されました。大自然だからこそ希少な動植物が生息します。山や海、四季折々の景色を知床ツアーで楽しむことができます

© Copyright Hokkaido Popular Tour. All Rights Reserved.