夏の北海道旅行で外せないグルメって何がある?

夏に旬を迎える魚介類

夏のシーズンに北海道に訪れた時に食べておきたいのが魚介類になります。 北海道はオホーツク海や太平洋と様々な海に囲まれている地域で、1年を通して新鮮な魚介類を堪能できます。中でも特におすすめとされているのがウニです。北海道で漁獲されるウニは種類による若干の違いはありますが、日本海エリアで獲れるウニは5月から8月に掛けて旬を迎えるため、夏の旅行に最適と言えます。毎年7月上旬に礼文町で行なわれている水産イベントでは、濃厚な旨味が詰まった天然のウニを思う存分食べられることから、このイベントを目的に北海道に訪れる人も少なくありません。 一般的に高級食材に位置付けられるウニをお得な値段で楽しめるのも、北海道ならではと言えます。

夏のグルメの王道のメロン

北海道で新鮮な魚介類と並んで人気となっている食べ物の一つにメロンがあります。一口にメロンと言っても広大な北海道では、地域ごとに様々なブランドが存在するのが特徴です。中でも全国的に有名な地名の名前が使われているメロンは6月から7月に掛けて旬を迎えると言われています。食べた時に口いっぱいに広がる風味と甘味は観光に訪れた旅行者はもちろん、地元の道民からも愛されている北海道を代表する食材です。
7月の初旬に毎年行なわれているイベントでは、色々なメロンを食べ比べたり、通常よりも格安の値段で購入することができます。夏に北海道に旅行に訪れた時は、グルメとして思う存分堪能するだけでなく、お土産としてメロンを購入するのもおすすめです。

鉄道好きのかたが出来る限り長く電車に乗っていたい場合は、北海道新幹線と特急スーパー北斗を乗り継ぎ、約8時間かけて札幌旅行をするという方法もあります

© Copyright Hokkaido Popular Tour. All Rights Reserved.