夏に北海道旅行に行くときの服装はどうすればいい?

夏だからといて薄着は禁物!

夏と言えば「暑くて汗だく」「クーラーがないと生きていけない」というイメージの方が多くいらっしゃるかと思います。しかし北海道の夏は必ずしもそうとは限らないことがあって、同じ道内でも地域によっては夏でも上着がないと寒くて過ごせない日もあるのです。また、クーラーは夏の必需品として本州の方には特に愛用されていると思います。しかし北海道ではガンガンにクーラーをかけなくても、窓を開けたり扇風機を使用したりすることで対応できる気温であるためほとんど必要はなく、あったら便利という程度に過ぎません。これらのことを踏まえた上で旅行先の天気や平均気温を調べておくと、どの様な服装が良いかイメージが付きやすいと思います。具体的にいうと、基本的には半袖や短パンでも過ごせるかもしれませんが、雨の日や気温が低くなっている日は長袖のTシャツや上に羽織れるパーカーなどがあると便利ですね。

本当に暑いのはお盆まで!?

皆さんは、夏の暑い日はいつごろまで続いているイメージをお持ちでしょうか。本州なら都道府県によっては9月に入っても猛暑日が続いたり、厳しい残暑で体調を崩してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。地域によって差はありますが、北海道で夏らしい暑さが続くのは大体お盆の時期までであることが多いです。お盆を過ぎてくると、特に朝晩は冷え込みが強いため寒暖差についていけず風邪をひいてしまう人も珍しくありません。お盆を過ぎた時期に北海道へ旅行に行く場合は、このような寒暖の差が激しいことを念頭においた服装を準備することが必要です。さらに、雨が降ると一気に寒さが増しますので、天気予報をチェックの上雨具の準備もしておけば安心ですね。キャンプなどアウトドアが旅行プランになっているときは特に体温調整をしっかり行い、万全の状態で旅行を楽しんできてください。

函館といえば美しい夜景や異国情緒あふれる街並がとても素敵です。また新鮮な魚介類を味わえる朝市も人気です。街を走る路面電車(市電)を利用して、見どころいっぱいの函館旅行を楽しみましょう

© Copyright Hokkaido Popular Tour. All Rights Reserved.